JA糸島 糸島農業協同組合

第8回JA糸島青年部主催 きちゃんなっせい!!糸島で稲刈り体験2021 10月31日(日) 参加申込受付中

JA糸島青年部は、糸島市で就農する約40歳未満の若手農家、後継者、新規就農者を中心に構成されたグループです。それぞれが地元で活動する「支部活動」と、普通作(米・麦)・蔬菜・花卉・果樹の4つの専門分野に分かれて活動する「専門部活動」、そして地域振興に貢献していく「全体活動」を行っています。
わたしたちの目的は、日本全国への糸島の農産物のアピールはもちろん、持続可能な経営基盤の確立のための相互研鑽、JAとの連携、そしてともに地域を支える担い手の繋がりを強くしていくことにあります。

糸島若手ファーマーズのシンボルマーク

青年部のシンボルマーク

色は、太陽・情熱を表すJAユースレッドと、農業・青年を表すJAユースグリーンからなっています。さらに、農業を見つめる澄んだ目がJA青年の英知をも表現しています。「農」の文字を発想の原点に、マークらしく抽象化して「青虫」のキャラクターとして可愛らしく、親しみやすい表情にデザインしたものです。

新着情報

すべて見る

明日の担い手を育成する

糸島の豊かな自然を維持していくためには、その地域の担い手たちが高い意識をもっていなければなりません。わたしたちは地域の将来のために、自分たちができることはなにかを考え、実行しています。わたしたちの目的は、糸島の担い手として、農業を通じ地域社会に貢献することにあります。
JA糸島青年部のネットワークを通じ、技術の向上を進めることができ、仲間との交流によって自らの新たな可能性を発見する場が生まれ、相互研鑽もできる。
これこそが、若手農業者が集まって「JA糸島青年部」というグループを結成している大きな理由です。

未来を育てる、「食農教育」。

地域の子供たちに旬の糸島産を提供したり、収穫体験を通じて、農業の大切や食文化の素晴らしさを伝えています。
わたしたち若手農家の面々は、ほとんどが子育て世代。
子供たちが安心して食べられる農作物を生産していくことが、わたしたちにとってもっとも大切なこだわりです。 食農教育をする上で一番の願いは、食べるものに興味を持ってほしいということ。それは人が健康に生きていくために必要なことであり、この地域、この国をよりよくしていくためにも必要なことです。
わたしたちは、食育を一つの使命と捉え、地産地消を推奨します。

JA糸島 Instagram

account